猛暑、豪雨、強大台風…激甚災害続きの近年。気候変動・地球温暖化は止められないのか?

二酸化炭素は、水に溶けると炭酸(炭酸清涼飲料水のもと)になり、やがて炭酸塩となって固体になります。火山の爆発により、二酸化炭素が大気中に排出され、また水に吸収される。このようなサイクルは地球化学的規模の循環です。鍾乳洞や鍾乳石がどうしてできるのか、そのメカニズムはこの地球化学的炭素循環と密接に関係しています。

(2)生物学的循環

植物は大気中の二酸化炭素を吸収し、水と太陽光を駆使して澱粉などのバイオマスを作っています。その際に、酸素が生成します。動物はその酸素を吸って、二酸化炭素を吐いています。植物と動物間では、二酸化炭素と酸素はバランスよく循環しています。

植物や動物の残存物は分解し、この時にも二酸化炭素は発生します。この生物学的循環は数万年単位の変動です。植物や動物の残存物が長い年月(数億年)をかけて石炭や石油になっていることはよく知られています。

問題は人為的、非循環的な二酸化炭素の発生

人類はエネルギー獲得のため、石炭や石油を使ってきました。その石炭や石油は有機化合物からできているため、これを燃焼させれば当然ながら二酸化炭素と水が発生します。

人類は、地球化学的や生物学的二酸化炭素循環に比べれば微々たる短期間、過去約200年の間に、一方的に二酸化炭素を排出してきました。その排出された二酸化炭素をリサイクルする術(人工光合成など、研究は行われています)が不幸にも未だ確立されていないので、二酸化炭素は大気中に溜まるだけです。

この人為的かつ非循環的な二酸化炭素の発生が自然の摂理に反していることは言うまでもありません。これをどう防ぐかが大きな問題です。

二酸化炭素削減に向けて

温室効果ガス世界資料センター(WDCGG)の解析によれば、二酸化炭素の濃度は毎年増え続け、2018年の世界の平均二酸化炭素濃度は、前年と比べて2.3ppm増えて407.8ppm(注1)となっています。工業化(1750年)以前の平均的な値は278ppmとされているので、47%増加したことになります。

注1:ppmは100万分率のことで、大気中の分子100万個中にある対象物質、この場合には二酸化炭素分子の個数を表す単位です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

徳島大学名誉教授、元副学長(教育担当)・理事。元4大学で非常勤講師。元学童保育支援補助員。
現在、東京理科大学非常勤講師、たまプラーザがん哲学外来カフェ代表。
青山学院大学理工学部化学科卒業、同修士課程修了。東洋醸造(現、旭化成)研究員、東京大学研究生、東京工業大学助手(理学博士)、米国パデュー大学とカリフォルニア工科大学博士研究員を経て、広島大学助手、講師。徳島大学助教授、教授、総合科学部長、2012年3月定年退職。
専門は化学(有機合成化学)。教育、生と死、超高齢多死社会、文明の危機に関する拙文執筆と講演。著書に『定命 父の喪・母の喪―息子が遺してくれた生き直す力―』文芸社。横浜市在住。