「大学にかかるお金」~奨学金を利用する前に心得ておきたいこと~

文部科学省が公表している「令和元年(2019年)度学校基本調査(確定値)」によれば、高等教育機関への進学率は82.8%(大学・短大進学率は58.1%、学(学部)進学率は53.7%)と、昨年に引き続き過去最高を記録しています。

一方、高等学校を卒業した後にかかる学費は、年々増加の傾向にあるともいわれています。進学を考えている人の中には、奨学金の利用を視野に入れている人もいるでしょう。今回は、ある家庭のエピソードから、奨学金について、少し考えてみることにしましょう。

続きを読む

娘さんを大学に進学させたMさんの話

数年前、Mさんは娘さんを大学に進学させました。Mさん世帯の年収は決して高くはなく、本来ならば娘さんの希望を叶えることは難しい状況でした。しかし学校の勧めもあり、貸与型の奨学金を利用することで、なんとか娘さんに4年間の学生生活を送らせることができました。

娘さんは大学卒業後に就職。会社に勤務するかたわら、奨学金の返済を続けていましたが、そのうち仕事を通じて知り合った男性と結婚をすることが決まりました。Mさんはその結婚を大いに喜び、娘さんの大学在学中からこれまでにコツコツと貯めたお金を「持参金なり、花嫁道具に使ってもらおう」と、お祝いとして渡すことにしました。

「お母さん、ありがとう」と、通帳を受け取った娘さん。しかし、娘さんは意外な言葉を口にします。

「あのね、彼の実家は持参金とか花嫁道具とか、そういうのはうるさくないみたいなの。新居も小さなアパートだし、家財道具もとりあえずは二人で持ち寄った独身時代から使っているもので充分。だから、もし、お母さんがこれを好きに使っていいというなら、奨学金の一括返済の一部に充てさせてほしい。この先何年も返し続けていくことを考えると、私は結婚生活において、それが一番不安。できるものなら、今ここで全部返してしまいたい」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。