「みんなの生活費は9カ月連続ダウン」~今を乗り切る2つの節約術~

数ある支出項目の中でも、とくに存在感があるのは「生活費」ではないでしょうか?そのため「家計を改善するためにも、そろそろ生活費を節約しなければ」と頭を抱えている方も多いようです…。

ここでは具体的に、生活費のどのような部分を見直していくべきか、また生活費を節約する方法を、2パターンに分けて紹介します。

生活費は9か月連続で実質減少

まずは、2020年8月に総務省が公表した2020年6月分及び4〜6月期平均の「家計調査報告」をもとに、世間の家計状況をみてみましょう。

続きを読む

この調査結果によれば2020年6月分の消費支出(2人以上の世帯)は、1世帯当たり27万3,699円となっています。これは前年同月比にすると実質1.2%の減少となり、9か月連続の実質減少というデータがみられるのです。

また、2人以上の世帯における2020年6月の消費支出の内訳は以下の通りです。

【消費支出の内訳】

  • 食料・・・7万7,246円
  • 住居・・・1万8,584円
  • 光熱・水道・・・1万9,777円
  • 家具・家事用品・・・1万6,414円
  • 被服及び履物・・・1万780円
  • 保健医療・・・1万4,529円
  • 交通・通信・・・3万7,746円
  • 教育・・・6,901円
  • 教養娯楽・・・2万3,710円
  • その他の消費支出・・・4万8,011円

内訳のとおり、6月の消費支出で最も高いのは「食料」という結果になりました。しかし食料は4か月連続の実質減少であり、節約意識が高まっている項目だと考えられます。

その後は、「交通・通信」「教養娯楽」「光熱・水道」と続いていますが、「交通・通信」は9か月連続、「教養娯楽」は7か月連続の実質減少がみられ、これらも節約の対象にしている世帯が多いといえるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。