日本は「赤字」? それとも「黒字」? ありがちな誤解を解く

国は赤字で借金は巨額ですが、日本国は黒字で純資産も巨額なので、過度な懸念は不要だ、と筆者(塚崎公義)は考えています。

「国の赤字」は中央政府の財政赤字のこと

「国は大赤字で巨額の借金を抱えている」と言われると、「日本国が外国から巨額の借金をしていて、借金が返せないと外交問題になる」といった心配をする人がいるかもしれませんが、幸いなことに、それは誤解です。

「国の赤字」というのは、「財務省が地方公共団体の財政収支と区別するために中央政府の財政収支について論じると、それは赤字である」という意味なのです。

続きを読む

日本国と海外との取引を記録した統計は国際収支統計で、その中で最も重要とされているのは経常収支です。その経常収支は大幅な黒字となっているのです。つまり、日本国は外国との関係では大幅な黒字なのです。

どういうことかというと、日本国の中の中央政府以外(以下、民間部門等と呼びます)が超大幅な黒字を稼いでいるということです。民間部門等は国内取引で中央政府に対して大幅な黒字であるのみならず、海外との取引でも大幅な黒字だ、ということです。

経常収支は貿易収支等の合計

経常収支という統計は、貿易収支、サービス収支、第一次所得収支、第二次所得収支の合計です。

貿易収支は財の輸出から輸入を引いた値です。サービス収支はサービスの輸出(外国人観光客から受け取る料金等)からサービスの輸入(日本人が海外旅行で払う料金等)を差し引いた値です。第一次所得収支は外国からの利子配当収入から利子配当支払いを差し引いた値です。第二次所得収支は対途上国援助です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ。
現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と関係なく個人として行なっているため、現職は経済評論家と表記したものである。
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介