「俺の稼ぎでやりくりすれば?」夫のモヤッと発言で考える”節約の鉄則”

Aさんは夫と小学生と幼稚園児2人の子どもの4人家族。少しでも家計を助けようと、扶養の範囲内ですが、在宅で仕事を請け負っています。

ある時、Aさんは、夫に家の中が片付いていないことを指摘され、「家のことをちゃんとできないなら仕事を辞めたら?」と言われてしまいました。

Aさんは「仕事を辞めれば、貯金に回すお金がなくなる」と反論しますが、夫は「無理して稼がなくても、俺の給料でやりくりする方法を考えればいいだけだろう。食費だって、もっと手作りするものを増やすとかして節約すれば、お前の稼ぐ分ぐらい捻出できるんじゃないの?」と主張します…。

続きを読む

とにかく「モヤっと」してしまう、この夫の発言。今回は、『食費の節約』について考えていきたいと思います。


家計節約はやっぱり『食費』から?

総務省が公表している『家計調査報告2020年6月分』によれば、2人以上家庭、1世帯の1か月の食費の平均は7万7246円。

この数値をみると、最近ちょっと話題になった「(月の)食費2万円台(※1)」といった節約記事などは、かなり高いハードルだと感じた人が多いのでは?相当の工夫が必要かもしれませんよね。

(※1)「子ども3人でも食費2万円台。節約上手のスーパーの回り方」 ESSE編集部 2020年07月12日

働く人の節約意識

では、ここで株式会社エデンレットジャパンが実施した「ビジネスパーソンに聞いた『家計と昼食に関する調査』」(2020年4月実施)の結果をみてみましょう。

こちらの調査は、消費税増税(2019年10月)や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行による景気悪化などの影響で、家計が苦しくなる状況が続いている状況において、家計の現状を探る目的で、30~50代のビジネスパーソン630人を対象に実施されたものです。

世帯の家計状況(調査時)

  • 非常にゆとりがある…1.7%
  • ゆとりがある…31.7%
  • 苦しい…47.6%
  • 非常に苦しい…19.0%

世帯の家計状況(今後の予想)

  • 非常にゆとりがあると思う…1.3%
  • ゆとりがあると思う…22.7%
  • 苦しいと思う…45.4%
  • 非常に苦しいと思う…30.6%

消費増税や景気などの影響による節約の有無

  • 節約している…84.6%
  • 節約していない…15.4%

節約している費用

  • 食費…70.7%
  • 交際費…58.5%
  • 被服費…48.0%

調査時点で「苦しい」「非常に苦しい」と答えている人が半数以上ですが、将来予測として、さらに苦しくなると考えている人が、7割にものぼります。また、この影響で、節約を実践している人は非常に多く、節約を実践している人の7割が『食費』のきりつめに挑戦していると回答しています。やはり節約と聞くと、「まずは食費」と考える人が多いのかもしれませんね。

特に、Aさんの夫のようにあまり家事には積極的でない人の場合、なかには食費の節約について、「食費がかかるのは、出来合いのものが多いせい。底値買いやクーポン使いで安いものをゲットして、作れるものは手作りすれば、食費なんて簡単にコストカットできるんじゃないの?」と簡単に考えてしまう人もいるかもしれません。

実際に、「食費2万円」の記事をよんだ人からは、「夫がこの記事を読んで、本当に2万円でできると思ったらどうしよう…」という心配の声もあがっていたようです。

(※1)「子ども3人でも食費2万円台。節約上手のスーパーの回り方」 ESSE編集部
ビジネスパーソンに聞いた『家計と昼食に関する調査』」 株式会社エデンレッドジャパン

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。