はたらく世代の40代、みんなの貯金はいくらか?

jaruncha/Shutterstock.com

2020年5月に発表された総務省による「家計調査報告(貯蓄・負債編)2019年(令和元年)平均結果(2人以上の世帯)」によると、40代の貯蓄現在高平均は1076万円となっています。皆さん本当にそんなにお金があるのでしょうか。

結構貯まっている?!

40代の貯蓄の金額を聞いて「え?意外とみんな持っているんだ・・・」と焦ってしまった方。ご安心ください。

まだ続きがあります。

なんと40代の負債現在高平均として1124万となっているのです。貯蓄から負債を引いた純資産を計算すると以下のようになります。

続きを読む
  • 貯蓄1076万円ー負債1124万円=▲48万円

貯蓄の金額よりも負債の金額が上回っていますので、貯蓄と負債を相殺すると、債務超過赤字になってしまっているのがおわかりいただけると思います。

負債のほとんどは住宅や土地のための負債となっていることから、住宅ローン返済の負荷は少なくないということが見えてきます。

また結婚や出産などのライフステージの変化も重なり出費が多くなる年代とも言えます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

はたらく世代の資産運用サポートを促進するためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。有価証券から保険までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。自分自身の経験から、また女性の視点から資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。