年収1000万円でも貯金がない、は本当か

ちょっと飛んで、年収700万円から750万円の世帯についてはどうでしょうか。

貯蓄額は1425万となっています。その内訳は通貨性預貯金が452万円、定期性預貯金が530万円、生命保険などが290万円、有価証券が91万円、 金融機関外が61万円となっています。

年収700万円から750万円の世帯については、年収に対する貯蓄の比率は約2倍程度となっています。

年収750万円から800万円の世帯についてはどうでしょうか。

貯蓄額は1359万円と、先ほど見た年収700万円から750万円の世帯と比べて少なくなっています。

この世帯の貯蓄の内訳について見ていきましょう。 通貨性預貯金は432万円、定期性預金は379万円、 生命保険などは334万円、有価証券は166万円、金融機関外は48万円となっています。

年収に対する貯蓄の比率は先ほども見たとおりに2倍を割る水準となっています。

年収800万円から900万円の世帯についてはどうでしょうか。

貯蓄額は1537万となっています。またその内訳は、通貨性預貯金が445万円、定期性預貯金が472万円、生命保険などが342万円、有価証券が203万円、金融機関外が75万円となっています。

こちらも年収に対する処置区の比率を見ていくと、2倍を若干割れています。

さて最後に年収が900万円から1000万の世帯について見てみましょう。

貯蓄額については1612万円となっています。またその内訳については通貨制預貯金が524万円、定期性を貯金が469万円、生命保険などが358万円、有価証券が131万円、金融機関外が130万円となっています。

年収に対する貯蓄の比率も1.6倍から1.8倍となっており、こちらも約2倍を切っています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX