子供の塾や習い事、続けるべきか悩む…コロナ禍で教育費負担はさらに重く

一方で、約7割の親は「教育費の負担が重いと感じている」と回答しており、子供の将来を思うあまり、必要以上に学校外教育費にお金をかけてしまう場合もあることがうかがえます。

そんな中、コロナによる収入減という現実があります。厚生労働省による5月の毎月勤労統計調査(確報値、従業員5人以上)によると、基本給にあたる所定内給与は横ばいの24万3232円でしたが、残業代などを含む所定外給与は26.3%減となっています。

テレワークに移行したことで残業代が減り、社内外の打ち合わせや出張などもオンライン会議に移行することで、さまざまな手当がカットされているのが大きな要因のようです。こうして大きく変化した働き方が今後も続き、コロナ前の給与水準に戻らないことも考えておく必要があるかもしれません。

休校中の塾・習い事、対応はさまざま

2月末に臨時休校になったのと同時に、筆者の子供たちの習い事もお休みになりました。

その中で真っ先に心配したのはそろばん教室のことでした。そろばんやピアノは継続して練習するからこそ指先が動くものです。しかし、そろばん好きを公言していたにもかかわらず、子供たちは自宅でそろばんに触ることなく1カ月が過ぎていきました。

休講中の月謝は支払っていませんでしたが、4月に入ると、そろばん教室の先生のご好意で自宅で練習するためのプリントの配布がありました。ところが、提出を強要されないと優先順位は低くなってしまい、結局手付かずのプリントが残ることに…。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 中野 令子
  • ファイナンシャルプランナー/コラムニスト

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。大手証券会社で約17年勤務。個人と法人向けに金融商品の販売に従事。現在は家業を手伝うかたわら、資産運用や保険のコンサルを行う。毎日の生活の中にあるお金をテーマに「くらしとお金の経済メディア LIMO」に執筆するほか、「女性の老後のためのメディア ミュゲ」の監修者として活動中。難しくて敬遠しがちな金融のしくみについて、わかりやすく説明。プライベートでは2児の母として、奮闘する毎日。