トルコリラが儲からないワケ〜高金利通貨はなぜ高金利なのか

今は外貨預金やFX(外国為替証拠金取引)など、気軽にオンラインで外貨投資ができる時代です。特に、少額の証拠金を払って最高25倍程度までレバレッジがかけられて外貨投資ができるFXは、若者にも人気となっています。

しかし最近、ドル円為替相場はほとんど動かず歴史的な“凪”相場。円安にも円高にもほとんど動いていません。ユーロも似たようなものです。

相場変動(=ボラティリティ)が大きくないと、FXで儲けるチャンスは少ないので、FXプレーヤーのみなさんはやきもきしているのではないでしょか。加えて、米国も欧州も金利水準は日本と変わりません。それもあって、為替は動かないのです。

続きを読む

金利の高い新興国通貨

ならば、新興国の高金利通貨で名を馳せているトルコリラやメキシコペソ、南アフリカランドあたりでひと稼ぎするか、というのは人情ですね。

なんと言っても、執筆時点での政策金利がそれぞれ8.25%、5.5%、3.75%と破格に高いですから、外貨預金の金利もFXのスワップポイントも、ドルやユーロと比べて相当高い水準になります。

ちなみに、一部の銀行が取り扱っているトルコリラ建て外貨預金の金利水準は、普通預金で1.5%、定期預金(円から)では、1か月:25%、3か月:7%、6か月:4%、1年:4%となっています。

1か月定期預金であれば25%(年率)も付利されるわけですから、日本の定期預金と比べればかなり魅力的に思えます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
太田 創
  • 太田 創
  • 一般社団法人日本つみたて投資協会
  • 代表理事

関西学院大学卒。1985年、三菱銀行入行。1988年より約10年間、ロンドンおよびサンパウロで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。
その後、2000年からシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。現在は一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。
主要な著書には、『ETF投資入門 』(日経BP 2008年)、『お金持ち入門』(実業之日本社 2015年 共著)、『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版 2019年)などがある。