貯蓄上手さんが実践している「銀行口座のかしこい使い方」とは

今すぐできる貯蓄術「銀行との上手な付き合い方」

お給料の受け取りだけじゃもったいない!せっかくお世話になっている銀行です。上手に口座を使い分けて、着実にお金を貯めていきましょう。では、その具体的な方法をご紹介していきますね。

口座を分ける

みなさんは銀行などの口座をいくつ持っていますか?複数持っている場合、「積み立て用」と「普段用」のように使い分けている人も多いのではないでしょうか。

実は、「用途別」に口座を分けるとお金が貯まりやすい、というのをご存じでしたか?

たとえば、「生活費用」「教育資金用」「マイホーム購入資金用」「老後資金用」、といった感じですね。各用途別資金の口座は、毎月定額を振り分けて貯金するための専用口座とします。そして、普段は「生活費用」の口座しか使いません。この方法で、それぞれの用途別の預貯金額がしっかり把握できます。決められた用途以外には使わない、というルールを守れていれば、目標額に近づく様子もわかりやすく、貯蓄へのモチベーションアップも期待できそうですね。

デビッドカードを使う

デビッドカードは支払いと同時に口座から料金が引き落とされます。そのため、クレジットカードのように、口座残高以上の買い物をしてしまう心配がありません。

クレジットカードは、どのくらいお金を使ったのか把握しづらいと感じている人も多いようです。分割払いを利用した場合はなおさら。請求額の多さに驚いて、口座残高を慌ててチェックした経験がある、という人もいるでしょう。

デビッドカードなら買い物のたびに残高を意識することになるので、その点の心配はありません。また、現金と異なり「どこでいくら使ったのか」が記録されるため、簡易家計簿としても活用できそうです。さらにネットバンキングを利用すれば、お金の流れが「見える化」されて、家計管理もスムーズになります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。