借金がなかなか返せない? クレカや奨学金の返済を見直す重要ポイント

各種ローン、クレジットカードのキャッシングや奨学金の返済に追われ、うまく貯金ができないどころか毎月赤字スレスレで生活しているという人もいるのではないでしょうか。

しかし、負債、すなわち借金をすぐゼロにすることはまずできません。長く付き合うことを前提に、計画的に付き合っていく必要があります。そこで今回は、クレカや奨学金などの負債と上手に付き合うポイントをお伝えします。

期限を守れないといいことはない

毎月2万円など定期的に決まった額を返済している場合、期限通りきちんと返済することが大切なのは言うまでもありません。たとえば、引き落としの指定日に残高不足で引き落とせないとなると、翌月に2カ月分まとめて返済しなければならなくなったり、遅延損害金がかかったり、とにかくいいことがないからです。

続きを読む

とはいえ、払い忘れてしまったり、気付いたら残高不足になっていたということもあるかもしれません。そういうことが起きがちなら、カレンダーや手帳に引き落とし日を書いておき、その前日に残高の確認をするクセをつけるようにしましょう。

たとえば、朝起きたらすぐチェックするとか、通勤中の電車の中でチェックするなど、午前中の早い時間に確認するクセをつけておけば、その日の入金に間に合います。

また、借りているローンやクレジットカード会社によっては、給料日に合わせて返済日を変更することも可能なので一度調べてみるといいでしょう。給料日の直後に返済できれば、返済しそこねる心配もありません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。