これって「送料詐欺」!?オークション取引での危うい実体験

今やネットで商品の売買が行われるのは一般的で、専門業者だけではなく一般市民でも売り買いすることが可能な時代です。ヤフオク!やメルカリ、ラクマ、モバオク…。さらには国内のみならず海外の人ともやり取りできるネットオークションサイトもあります。

それぞれのサイトで特色があるわけですが、その中で詐欺行為やトラブルなども年々増えていると耳にします。

今回は、筆者もオークションに出品したことによって遭遇した「これって詐欺!?」という実体験をお話させて頂きたいと思います。

続きを読む

それは1通のメールから始まった…

以前から、自宅にある不用品なんかをちょくちょくオークションに出品していた筆者。家の中も片付くし、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなって一石二鳥なんですよね。そんな個人的に楽しむ範囲内でネットオークションやネットフリマを利用していた筆者ですが、ある日、夫に頼まれて商品を出品したところから、今回のお話は始まるのです。

実は夫、訳の分からないものをドンドンもらってくるという、ちょっと困ったクセがあります。今までも、お蕎麦屋さんで使う業務用長ネギカット専用の機械とか、昔デパートの屋上にあった子ども用のふわふわトランポリンと空気を送り込む大型装置のセットとか、店舗名が入ったマグカップ50個など。自宅に置いておいても「どうするの!?」という物までもらってくるので、そんな時にもネットオークションやネットフリマを活用していました。

そして今回、とある大型レジャー遊具をもらってきた夫。「これは知り合いが海外から直接買い付けたものなんだけど、すでに廃盤モデルでとても貴重なんだよ!」といい、嬉々としています。だからって、我が家のどこに置くの?しかもこの遊具使って遊ぶような趣味、我が家にはないでしょう!?…ということになり、結局ネットオークションに出品することになりました。

夫に代わり出品作業を行った筆者(面倒なこと担当は妻…)。出品した直後、ウォッチリストに次々へと登録されていき、なかなかの高評価がうかがえました。ですが、落札者は出てきません。ちょうど全国で自粛生活が始まったばかりの時期ということもあってでしょう、こんなレジャー用品を購入する人は現れませんでした。

そんな時、この商品の質問に「海外在住なのだが、直接売って欲しい」という質問が寄せられました。そこには相手の返信先としてメールアドレスが記載されていました。筆者は「このまま質問に返答してしまっては、この人のメールアドレスが全体に公開されてしまう」と思い、記載されていたメールアドレス宛に直接返信したのです。

返信した内容としては「説明文にもあるように、海外発送は引き受けていない」こと、そして「オークション外での商品の取引は受けかねる」ということを理由に丁重にお断りしたのでした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国内大手パソコン周辺機器メーカーに正社員として13年間勤務。お局道まっしぐらと思いきや、自分でも予想外に結婚。その後、さらにまさかの子だくさん母(長男・次男・長女の3兄妹)となる。長女出産後、正社員時代に鍛えたタイピングの速さを武器にWebライターへ。「心に伝わるライティング」を心掛けています。