働いている人も利用できる!ハローワークのお得な活用法

~FPが易しく解説~

職業訓練と教育訓練どう違う?

さて、ここまで職業訓練と教育訓練についてお伝えしてきましたが、どちらもハローワークで手続きを行いますが、制度が異なります。

職業訓練は離職者を対象として、無料で訓練を受けられる制度です。教育訓練は在職者と離職者、両方が利用でき、支払った受講費用の一部が給付金として返ってくる制度です。

在職者は教育訓練しか受けることができませんが、離職者(離職後1年以内)の場合は、どちらの訓練も受けることができるので、選択に悩みます。そこで、それぞれの特徴が分かるように図解にしてみました。

拡大する

職業訓練と教育訓練、どっちを選ぶべき?(筆者作成)

公共職業訓練と専門実践教育訓練は、どちらも生活支援があり、しっかりと学べる点で迷うところですが、専門実践教育訓練の方が長い期間をかけて訓練する講座が多いため、より専門的・実践的なスキルが身に付けられるといえるでしょう。とはいえ、その人の状況や、講座の内容にもよるので、まずは、ハローワークで相談してみましょう。

ハローワークは上手に利用すれば、お得にスキルアップができることをお伝えしました。仕事に行き詰った、新しい挑戦がしたくなった、そんな時、これらの制度を活用してみてはいかがでしょうか。

参考

「ハロートレーニング(離職者訓練・求職者支援訓練」厚生労働省
「求職者支援制度のご案内」厚生労働省
「訓練実施予定 民間教育機関での職業訓練 」TOKYOはたらくネット
「教育訓練給付制度」厚生労働省
「【訂正】専門実践教育訓練の指定講座を公表しました~専門実践教育訓練の令和元年10月1日付新規指定講座は137講座~」
「専門実践教育訓練給付金の拡充で あなたのキャリアアップを支援します」暮らしに役立つ情報(政府広報オンライン)

石倉 博子(ファイナンシャルプランナー)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
石倉 博子(ファイナンシャルプランナー)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。
"お金について無知であることはリスクとなる"という信念のもと、子育て期間中にFP資格を取得。
難しい制度や専門用語を分かりやすく伝えることを目的として記事を執筆中。
趣味は読書とイラストを描くこと。