定年60代、みんな預貯金1000万円以上持ってるって本当?

Tithi Luadthong/Shutterstock.com

定年も一部では60歳から65歳に延長され、60代、70代でも元気に活躍するシニアが増えています。長く働くことに不安を感じる人がいる一方で、少しでも長く働いて、老後資金を貯めたいと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで本日は、実際に60代で定年を迎えるシニア世代の預貯金の状況について調べてみました。

60代世帯の預貯金の有無は?

家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)によると、60代の調査世帯のうち、金融資産保有世帯と保有していない世帯の割合は下記のとおりとなっています。

続きを読む
  • 金融資産を保有している・・・76.4%
  • 金融資産を保有していない・・・23.6%

預貯金は万が一の事態が起こった時の備えにもなります。無いよりはあった方が望ましいのですが、全体の25%弱の世帯に、預貯金が無いことがわかります。

60代の金融資産目標残高はいくら?

では、60代の人は、どれくらいの預貯金を保有しているのが望ましいと考えているのでしょうか。下記の表をご覧ください。

  • 200万円未満・・・2.7%
  • 200~300万円未満・・・2.0%
  • 300~500万円未満・・・3.0%
  • 500~700万円未満・・・7.2%
  • 700~1,000万円未満・・・1.0%
  • 1,000~1,500万円未満・・・14.0%
  • 1,500~2,000万円未満・・・2.4%
  • 2,000~3,000万円未満・・・15.5%
  • 3,000~5,000万円未満・・・9.9%
  • 5,000~7,000万円未満・・・5.9%
  • 7000万円以上・・・6.0%
  • 無回答・・・30.2%

ちなみに、60代の目標残高の平均値は2,634万円、中央値が2,000万円となっています。老後2000万円問題の影響でしょうか、2000万円程度は保有しておきたいと考えている人が多いことがわかります。

また全体の約30%が2000万円以上の保有を希望しており、3,000万円以上を希望する人も全体の約22%となっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、外資系生命保険、大手都市銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。