老後60代からのお金事情、老後生活費「4%ルール」とは何か

Tithi Luadthong/Shutterstock.com

昨年、大いに世間を騒がせた老後2000万円問題に続き、今年はコロナ禍による景気の低迷。我々の将来の生活や老後のお金を脅かす話題は、後を絶ちません。

実際、お金のオンライン相談やネット証券の開設などが増え、お金に関する関心が、ここ数年来、いつも以上に高まっています。

「4%ルール」もその一つです。関連本も続々出版され、老後資金の準備にも応用できることから注目を集めています。本日は、この話題の「4%ルール」について解説します。

続きを読む

「4%ルール」とは?

みなさんは「FIRE」という言葉を聞いたことがありますか?

「FIRE」とは、Financial Independence, Retire Earlyの略で、「経済的自立」を果たし、「早期リタイア」を実現する人生戦略を意味しています。

何となく、小難しく感じるかもしれません。しかし「FIRE」の基本的な考え方は単純です日常使うお金を節約し、その分を投資に回して資産形成をするメソッドなのです。

そして、この「FIRE」を支持する人たちが試みているのが「4%ルール」です。

「4%ルール」とは、1998年に米国のトリニティ大学で発表された、資産運用に関する論文(Trinity Study)で提唱されたルールのことを指します。ルールの詳細は下記の通りです。

  • 定年後(老後)は年間生活費の25倍の資産を持っておく
  • 資産は株式と債券の組み合わせで保有する
  • 資産の4%を毎年生活費として引き出す

約20年前の論文ではありますが、現在でも通用する資産運用の手法として、米国はもとより、日本でも注目されています。

それでは具体的に何をするのか。次項から見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、外資系生命保険、大手都市銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。