看護師の給料は高いって、ほんと?

「看護師の給料は高い」というイメージは根強く、筆者も看護師だというと「稼いでるでしょ」なんていわれるのは日常茶飯事です。

しかし、給料が高いと思っている看護師は、ほとんどいないと思います。筆者も高いとはいえないと思っています。

このように世間と看護師の間には、認識の差があります。では、実際はどうなのか?厚生労働省などのデータを見ながら検証していきたいと思います。

看護師の給料って、どれくらい?

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査(2019年)」によると、看護師の平均年齢は39.5歳、月給が33万4,000円、賞与などが81万6,000円となっています

続きを読む

そして、月給×12カ月+賞与から看護師の平均年収は482万9,100円になります。

こちらの金額は手取り額ではなく、所得税や社会保険料などを控除する前の額になります。また、月収には時間外勤務手当、深夜勤務手当、休日出勤手当などや通勤手当、家族手当など各種手当を含みます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大病院の看護師を経て、フリーライターをしながら時々個人家庭教師や老人ホームなどの介護施設で看護師として活動。
看護師、講師の経験からデータなど根拠のある記事が得意で、感染症看護や老年期の看護・介護、教育系が得意ジャンル。