コロナの外出自粛で子どもとの関係は良くなった? みんなが楽しく過ごした遊び方

copy URL

子どもと自宅で楽しい時間を過ごす遊び

せっかく子どもと一緒に過ごす機会が増えたのなら、なるべく子どもと楽しい時間を過ごしたいものです。実際に家で楽しんだという遊び方を教えてもらいました。

魚釣り遊び

まずは未就園児でもできる簡単な遊びから。魚釣り遊びには、お絵描きやハサミなど指先を使って作ることと、作った魚や釣り竿を使って遊ぶこと、2つの楽しみがあるのがミソです。

用意するものは、折り紙、ペン、ハサミ、クリップ、テープ、ヒモ、磁石、ストローなど。家にあるもので簡単に作れます。

まずは折り紙や紙に、海の生き物の絵を描きます。それをハサミを使で切り取り、一部にクリップを付けます。ストロー(鉛筆や細い棒などで代用可)の先に紐をテープで固定し、紐の先には磁石をつけます。この磁石が釣り針代わりになり、魚のクリップをくっつけて釣り上げます。

おやつ作り

外出自粛期間中はホットケーキミックスや小麦粉が品切れになるほど、お菓子作りをする人が多かったようです。なかでも、ホットケーキミックスは、ホットケーキだけではなくクッキー、ドーナッツ、マフィン、蒸しパン、マグカップケーキなども簡単に作ることができ便利です。

また、いろんな種類のフルーツをカットして作るフルーツパフェも、特別感のあるおやつになります。果物のビタミンやミネラル、食物繊維をとれるのも嬉しいですよね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
勝目 麻希

岐阜県出身。FP2級所有のライター。新卒でメガバンクに総合職として入行し、法人営業や国内法人決済部門で3年半働く。その後結婚のタイミングで商社に転職し、出産後には一旦専業主婦になるが、家事・子育てだけではない「人生のやりがい」が欲しいと思い、自分のペースで働くことができるフリーランスのライターの道へ。執筆内容は就労経験を生かした金融系記事がメインだが、たまに趣味のハワイ旅行記事なども。主婦目線の貯蓄、運用、世帯年収の増やし方などに関心あり。