コロナで大暴落した株価が急回復! 今から相場に参戦したい人へ贈る相場格言

Christian Wilkinson / Shutterstock.com

株式相場が急回復、日経平均株価は23,000円目前まで上昇

株式相場の急回復が続いています。6月4日の日経平均株価は、一時22,907円まで上昇して2月21日以来となる約3カ月半ぶりの23,000円台回復を目前にしました。

今回の株価上昇は、幻に終わった大型連休明けから徐々に顕著となっています。5月7日の終値19,674円から1カ月も経たないうちに最大+16%上昇しました。特に、直近2週間強では+14%弱上昇しており、今回の株価上昇はあっという間の出来事だったと言えましょう。

続きを読む

まずは、コロナショックで大暴落となった年初からの株式相場(日経平均株価)の動きを、改めて簡単に振り返ってみましょう。

3月には稀に見る大暴落発生、しかし“谷深ければ、山高し”の相場なのか?

昨年の大納会における終値は23,656円でした。年明け以降、米国とイランの紛争危機や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)等の懸念材料が出て上値が重くなりましたが、それでも2月6日の高値は約24,000円(正確には23,995円)と高値圏を維持しました。

しかし、2月下旬の3連休明けから株価急落が始まり、2月25日に23,000円割れ、2月27日に22,000円割れ、3月6日に21,000円割れ、3月9日に20,000円割れ、3月12日に19,000円割れ、3月13日に18,000円割れとなり、3月18日に17,000円割れと、正しく坂道を転げ落ちるような暴落となりました(終値ベース)。

実は、株式市場では1月下旬から既にCOVID-19の懸念は認識されていましたが、今振り返ると、その時はまさかこれほどの惨状になるとは誰も予想できなかったでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。