“死後離婚”急増。10年で2倍の「姻族関係終了届」、「小姑にバレる?」「介護・相続は?」

「死後離婚」急増、10年で2倍に!

さて、住職がポツリと言った「死後離婚」つまり、姻族関係終了届。その届け出件数は、近年増加傾向にあります。法務省の「戸籍統計」から、その推移をみていきましょう。

「姻族関係終了」届け出件数の推移

1998年度…1629件
1999年度…1824件
2000年度…1797件
2001年度…1834件
2002年度…1769件
2003年度…1799件
2004年度…1793件
2005年度…1772件
2006年度…1854件
2007年度…1832件
2008年度…1830件
2009年度…1823件
2010年度…1911件
2011年度…1975件
2012年度…2213件
2013年度…2167件
2014年度…2202件
2015年度…2783件
2016年度…4032件
2017年度…4895件
2018年度…4124件

(参考:「種類別 届出事件数」戸籍統計 法務省)

1998年以降、緩やかな増加傾向が続き、2000件前後で落ち着いていましたが、2016年に4032件まで急増。2008年~2018年の10年間だけで、約2.3倍に増えています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

早稲田大学第一文学部史学科卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲の経験を積みフリーランスに。
尊敬する人物は伊能忠敬・羽生善治。