みんなが投資を始めてる!? 激増中のネット証券口座開設、果たして長続きするのか…

日本証券業協会のデータによると、個人全体の証券口座数は2019年12月末で2,443万口座、5年前の2014年12月末で2,261万口座です。この5年間で口座数は1年当たり36万口座増えていますが、増加率としては年間1.5%程度となります(言い換えれば、お客さんの数が年間1.5%しか純増していない)。

稼働口座の増減率は具体的なデータがなく、数字で説明できないのがもどかしいのですが、口座数の増え方から見ても、長期的な稼働投資家数はすぐには増えないと考えられます。

どの証券会社に口座を開けばいいのか?

じゃあ、これから始める人はどうすればいいのということです。私の経験からすれば、投資は少額からスタートして、自動積立するしかありません。何千万円の大口で自動積立できるわけではないので、NISAやiDeCo、一般口座で細かく積み立てていくのが結局長続きすると思います。

もちろんいずれも結果的に儲かればいいのですが、投資は少額でもプラスリターンで終わればよしとしましょう。

ということで、どの証券会社に口座を開くかは、やはりコスト、商品数、ホームページの操作性、システムの安全性などを総合的に判断すべきです。

もっとも、ホームページや取引システムを改善し拡充するのは時代の要請とはいえ、毎年証券会社にかなりのコストがかかります。それに対応できるのは、やはり資本力のある大手のみ。結局、銀行と同じく寡占化が進んでいくような気がします。

個人投資家としては、長期的な投資であればあるほど、どの証券会社のプラットフォームを使えばベストなのかを問われる時代でもありすね。

牛丼屋さんではありませんが、筆者は「うまい、やすい、はやい」を証券会社選びの選択基準としています。その心は、うまい=商品数・種類が多岐、やすい=取引手数料が安い、はやい=システムのレスポンスやアクセスが速い、です。

太田 創(一般社団法人日本つみたて投資協会 代表理事)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
太田 創
  • 太田 創
  • 一般社団法人日本つみたて投資協会
  • 代表理事

関西学院大学卒。1985年、三菱銀行入行。1988年より約10年間、ロンドンおよびサンパウロで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。
その後、2000年からシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。現在は一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。
主要な著書には、『ETF投資入門 』(日経BP 2008年)、『お金持ち入門』(実業之日本社 2015年 共著)、『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版 2019年)などがある。