「10万円給付」はベーシックインカム導入のきっかけに?制度と目的、デメリットを解説

今年に入ってから未曾有の事態とも言えるコロナショックで経済も私たちの生活様式も大きく変化しています。既にオンライン化があらゆる場面で進んでいるというのもありますが、今まで必要だと思われていたものがなくてもやっていけると判明したり、様々な「選別」が始まっていますよね。

そして、国民一律給付の10万円(特別定額給付金)は自治体によって対応や振り込み時期に差が出ているようですが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けているのは私たちのお財布も。

続きを読む

これから、生活様式に留まらず、社会構造も大きく変化してくるかもしれません。今まで当たり前だった年金制度もそのほかの社会保障制度も大きく変わるかも!?

今回は、アフターコロナで大打撃を受けた各国が導入を始めるかもしれない「ベーシックインカム制度」についてご紹介します。

ベーシックインカム制度とは

この「ベーシックインカム制度」とは、政府から毎月決まった金額が国民全員に支給される制度のことです。金額は各国政府の考え方や財源によっても異なります。

「ベーシックインカム元年」と呼ばれたのは2017年なのですが、導入にあたってメリット・デメリットが繰り返し議論され、なかなか本格的な導入には至っていません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

金融コンサルタント会社のお客様訪問、税理士事務所勤務などを経てフリーランスで活動。
投資初心者のための証券会社WEBサイトでの執筆、金融関係イベントでのモデレーターなどを務める。