コロナ詐欺の実態。不安や苦境につけ込んでお金を騙し取る手口は?

近頃、「コロナ詐欺」の被害件数が増えているようです。2020年5月1日の日本経済新聞の報道によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に便乗した詐欺被害は、3月上旬から4月27日までに13都道府県で計32件、被害額は計3117万円に上っています。

そこで本記事では、事例を交えながらコロナ詐欺の実態を紹介していきます。多様化するコロナ詐欺の手口に知ることで、もしものときに備えて対策を考えていきましょう。

続きを読む

手口①:「特別定額給付金を振り込むから暗証番号を教えて」

1つめは、10万円の特別定額給付金の給付を装った詐欺です。自治体の職員を装った人物が「10万円の給付金を振り込むから、キャッシュカードを用意して」「振込手続きにキャッシュカードの暗証番号が必要だから教えて」などと、電話をかけてくるケースが多発しています。

また、給付金を口実にキャッシュカードを騙し取る手口も散見されます。同様の事件はすでに8件発生しており、最高で約120万円もの大金が引き出されているようです。

総務省のウェブサイトでも、暗証番号・口座番号・通帳・キャッシュカード・マイナンバーは、“絶対に教えない!渡さない!”と注意を促していますので、少しでも「怪しいな?」と思ったら、すぐに市区町村の窓口や警察に相談するようにしましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

クレジットカード・投資(株・FX)など、お金にまつわる記事を多数執筆するフリーライター。お金のスキルを基に、女性ならではの目線で賢くやりくりするための節約方法についても発信していきます。