「巣ごもり破綻」が増加中?陥ってしまう根本的な原因

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴って、4月7日から5月6日までの予定で発令された緊急事態宣言。

「ステイホーム」や「ソーシャルディスタンス」といったワードが声高に叫ばれ、スーパーやドラッグストアなど一部のお店を除いて営業を自粛するなど、かつてない異例の事態となりました。

残念ながらGWが開けても宣言の解除には至らず、引き続き不要不急の外出を控える日々。

そんな状況下で外に出たところで大半のお店は閉まっているし、お金を使う機会も減るだろう…と思いきや、「巣ごもり破綻」に陥ってしまう人がひそかに増えているんだとか。

続きを読む

大阪、京都、兵庫については解除が発表されるなど、徐々に緊急事態宣言が解除され日常を取り戻しつつあるものの、またいつ第二・第三の感染拡大が起きても不思議はありません。

そこで今回は、そのような状況下で「巣ごもり破綻」に陥ってしまう人の特徴についてとりあげてみました。

ついつい「テイクアウト」を頼んでしまう

友人と飲みに行きたいのにお店が開いていない、心の底から外食を楽しめる雰囲気じゃない。そのような中、テイクアウトやデリバリーに力を入れる飲食店が増加したこともあって、外食がわりにこれらを楽しむ人も多いですよね。

ストレスが溜まる自粛生活において、たまにデリバリーを頼む分にはなんら問題ありませんが、回数があまりに増えてくると話は別。気づけば食費が普段の倍になっていたなんてケースも、少なくありません。

LINE Pay㈱の「新型コロナウィルスの影響による家計の支出状況の調査」によれば、COVID-19の拡大に伴って支出が「増えている・今後増えそう」と回答した人は全体の約4割であり、どのような支出が増えたかという質問に対しては「食費」と答えた人が70%に達しました。

筆者もついつい週末にデリバリーを頼んでしまうことがあり、自粛前よりも確実に食費が増えたなと感じています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

某信託銀行退職後、フリーライターとして独立。在籍時代は、株式事務を中心に帳票作成や各種資金管理、顧客対応に従事。宅建士およびFPなど複数資格を所持しており、金融や不動産ジャンルを中心に幅広いジャンルで執筆活動を行っています。プライベートでは2児の母として育児に奮闘中。