雑巾臭、ドブ臭…職場に戻ると「ニオイ」が待っている!? スメハラ対策の難しさとは

GWは終わりましたが、政府は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する緊急事態宣言の延長を発表。現時点では5月末までの延長となっていますが、早期解除になる可能性もありますし、逆に、再延長の可能性もゼロではありません。

そんな中、緊急事態宣言の発出前から在宅勤務を行っていたケースでは、出社しない期間がかつてない長期に及んでいるという人もいるでしょう。“もうテレワークは飽きた、会社に行きたい”という人がいると思われる一方、“もうこのまま会社に行きたくない、在宅勤務のままでいい”という人も少なくないのではないでしょうか。

続きを読む

在宅勤務で職場の「スメハラ」から逃げられる

そう考える理由の一つが、社内にはびこる様々なハラスメント(嫌がらせ)からの逃避かもしれません。ご存知の通り、現代社会には数多くのハラスメントが溢れており、ハラスメントの時代とも言われています。

代表的なものが、セクハラ(セクシャル・ハラスメント)とパワハラ(パワー・ハラスメント)です。ただ、セクハラやパワハラに関しては、近年になって社会的制裁を課す流れが加速しています。多くの企業内でも撲滅対策が強化され、その被害は減少傾向にあると言っていいでしょう。

残念ながら未だ100%撲滅には至っていませんが、ハラスメントを受けた側が泣き寝入りすることなく、堂々と被害の声を上げるようにもなりました。

一方で、なかなか声を上げることができない類のハラスメントもあります。その一つが、不快なニオイに悩まされる「スメル・ハラスメント(スメハラ)」、とりわけ職場におけるスメハラではないでしょうか。

では、スメハラとは具体的にはどういうニオイのことなのでしょうか?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。