吉野家HDが持ち帰り需要増期待で大幅上昇! 日経平均株価は反落

【東京株式市場】 2020年4月20日

copy URL

その他では、一連の新型コロナウイルス感染による工事進行の遅れからゼネコン株が一斉に売られ、清水建設(1803)、大成建設(1801)、大林組(1802)などが揃って下落したのが目を引きました。

一方、緊急事態宣言の全国拡大により、ファストフードの持ち帰りが一層増加するとの見通しから、筆者もよく利用する吉野家ホールディングス(9861)が+3%超高の大幅上昇となり、松屋フーズホールディングス(9887)やゼンショーホールディングス(7550)など、他の牛丼株も上昇しました。

また、回転寿司株にも見直し買いが入り、くら寿司(2695)、元気寿司(9828)、カッパ・クリエイト(7421)などが揃って大きく値を上げています。

さらに、特定警戒都道府県を中心に全国1,900店舗で店内飲食を終日中止することを発表した日本マクドナルドホールディングス(2702)も、一時下落した後は持ち直して値を上げて引けました。

新興市場(東証マザーズ)では、メルカリ(4385)が急騰して年初来高値を更新し、公開価格(3,000円)への復帰が視野に入ってきました。また、医療バイオ関連株ではアンジェス(4563)と窪田製薬ホールディングス(4596)が年初来高値更新となっています。

葛西 裕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。