部長や課長には何歳からどの確率でなれるのか?

KieferPix/Shutterstock.com

部長や課長といえば、サラリーマンとしては出世の通過点といえるでしょう。果たしてその部長や課長には何歳からなれるのでしょうか。今回は労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2019」や厚生労働省「賃金構造基本統計調査」等データを参考に見ていきましょう。

学歴と年齢別の部長と課長の比率

ここでいう比率というのは、企業規模100人以上の労働者に占める部長や課長の比率です。男女ともに役職者が含まれます。

大学・大学院卒の課長比率

続きを読む

それではまず、2018年時点の「大学・大学院卒の課長比率」から見ていきましょう。

  • 25-29歳:0.2%
  • 30-34歳:1.8%
  • 35-39歳:7.0%
  • 40-44歳:16.7%
  • 45-49歳:22.9%
  • 50-54歳:22.1%
  • 55-59歳:16.6%
  • 60-64歳:6.6%
  • 65歳以上:2.8%

課長と一口に言っても会社ごとに役割も異なるでしょうが、30代後半から課長になり始めると見えます。30代前半から昇進する人もいますが、30代で課長に昇進すればトップ昇格組といえるでしょう。

続いて、高校卒の課長比率について見てみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX