世界コロナ不況で中小企業向け金融支援が急務。フィンテックには何ができる?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けて世界各国では経済不況とその長期化が心配されています。中でもSME(中小企業)を救うべく、まずは各国政府による緊急対策が重要ですが、中長期的には「金融」の真価が問われてくると思います。

また、経済不況が長引くシナリオにおいては、世界最先端のフィンテックはどれほど貢献できるか、一つの重要な論点にもなってくるでしょう。

各国政府によるSME向け緊急対策

続きを読む

各国政府は、まず金融支援で苦境に陥っているSMEを救済することが先決です。とにかく出血を止め、資金繰りを安定化させることです。

特にスタートアップの場合は、運転資金を銀行から借入できるわけでもなく、キャッシュフローが逼迫してランウェイ(runway)が短くなれば、事業が軌道に乗る前に資金ショートしてしまい致命的です。ランウェイとはスタートアップがキャッシュ不足に陥るまでの残存期間のことです。

現在、各国政府は様々なMSME(micro, small, and medium-sized enterprise、零細・中小企業)向けの緊急金融支援を検討、実施しているところです。ただ、今のところ、従業員やフリーランサー個人向け支援を先行して実施しているようです。

たとえば、英国では3月23日よりビジネス支援の一環として、「コロナウイルス事業中断ローン・スキーム(The Coronavirus Business Interruption Loan Scheme)」というSME向け制度融資が始まっています。

対象は売上4,500万ポンド(約60億円)以下のSMEです。融資上限額は500万ポンド(約6.7億円)で、当初12カ月間は金利や諸経費は免除されます。取扱い金融機関は指定された40機関で、政府が融資額の80%につき信用保証します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
大場 由幸
  • 大場 由幸
  • SME Financial Architect x Fintech x Frontier Markets

新潟大学法学部卒業、フィンランドAalto大学 Executive MBA取得、英国オックスフォード大学 Fintech課程修了、米国マサチューセッツ工科大学 AI課程修了。
中小企業金融公庫(神戸、宇都宮、東京)、在ベトナム日本国大使館(ハノイ)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(東京)、東京中小企業投資育成(東京)を経て、2008年4月、クロスボーダー・ジャパン(株)代表取締役社長(東京&シンガポール)に就任。
日系中堅・ベンチャー企業のアジア戦略・財務を支援する傍ら、新興アジア諸国にて多数のSME金融関連プロジェクトに従事し、マレーシア信用保証公社 JICAアドバイザー(クアラルンプール)、ベトナム信用情報センター 世界銀行コンサルタント(ハノイ)、インドネシア経済調整庁 MSME金融包摂アドバイザー(ジャカルタ)、ミャンマー経済銀行 SMEファンド助言チームリーダー(ネピドー&ヤンゴン)等を歴任。
現在、エンジェル投資家/アドバイザーとして複数のフィンテック企業(ロンドン、ニューヨーク等)の経営に関与。ポルトガル政府公認ビジネスエンジェル(アヴェイロ拠点のエンジェル投資家団体REDangelsに所属)。APEC関係機関であるPBEC(太平洋経済委員会)メンバー。マレーシア在住、エストニアe居住。