東京都の「子育てパパ・ママ」のための行政サービス3選

平成30年度の出産数

東京都福祉保健局が調査した「人口動態統計年報(確定数) 平成30年」の出産数をみてみると、結果の概要1での出生数は減少、合計特殊出生率も低下出生数は107,150人で、平成29年の108,990人より1,840人(1.7%)減少しています。出生率(人口千対)は8.0で、前年の8.2を0.2ポイント低下しています。出生数を母の年齢(5歳階級)別にみると、15歳~44歳及び50歳以上の各階級で前年より減少していますが、15歳未満及び45歳~49歳の階級では前年より増加しています。最も多い階級は30~34歳で、41,016人(38.3%)となっています。

次は、東京都福祉保健局が行っている「子育て支援」で、おすすめの3つをみていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ファッションメディアの編集者として15年キャリアを積む。国内外のファッションウィーク「Paris」「NY」 「London」「Sydney」「Tokyo」で取材や撮影も行う。現在、トレンドを先読みする視点を活かし、ファッションやライフスタイルのメディアで編集者として活躍する。