「リモートワーク=家にいる=家事できる」わけではない…我が家はこれで乗り越えた!

我が家はこれで乗り越えた。リモートワークのマイルール

メリットもデメリットもあるリモートワーク。子供がいると、なおさら時間の融通が利かない部分も出てくるでしょう。リモートワークを上手にこなしている人は、どんなことを意識しているのでしょうか。

規則正しい生活を心掛ける

「夜仕事をするとついやりすぎてしまうので、子供と一緒に21:00に寝てしまい、3時起きをして朝集中して仕事をする時間をつくりました。子供を決まった時間に昼寝させ、そこも仕事タイムに。規則正しい生活にすることで、子供に負担をかけず、自分も無理せず取り組んでいます」(34歳・Aさん)

「『仕事はこの時間にする』というルールを決めました。仕事が進まなかった日は時間外にやることもありますが、時間に区切りをつけないとつい家事や育児をそっちのけにしてしまうので、できるだけメリハリを意識しています」(39歳・Hさん)

基本的な時間を決めておくことで、生活のリズムを整えるという方法。ママの寝不足が続いてしまうと、ほかの部分に支障が出てしまうリスクもあります。子供の健康面を考えても、もっとも気を付けたい部分だといえますね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

都内在住、元IT企業OL。育児や節約、社会問題について、共感できる情報を発信していきます。