年金っていくらもらえるの?みんなの年金受給額とは

老後の生活を支える柱になるのが年金です。2020年にパワープランニング㈱が運営する『manewaka』が実施した『年金制度に関する意識調査』(2020年)によると、年金制度を「とても重要だと思う」人の割合は55.0%。一方、年金の内容を「あまり理解していない」人も48.6%に上りました。

「年金が重要だとわかっていても、内容を詳しく知らない」という人も少なくないようです。

年金の具体的な金額がわからないと、老後の生活がどんなものになるかイメージできませんよね。そこで、まずは「年金がいくらもらえるのか」について押さえておきましょう。

続きを読む

年金はいくらもらえるのか

公的年金の制度は、2階建て構造です。

1階部分は、国民年金。日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が対象です。
2階部分は、厚生年金。サラリーマンや公務員など厚生年金保険の対象者が加入します。

自営業やフリーランスなど厚生年金保険の対象にならない人は、国民年金のみがもらえます。
厚生年金保険に加入している場合は、国民年金と厚生年金の両方が受給できます。

厚生労働省の『令和2年度の年金額改定についてお知らせします』から、公的年金の受給例をご紹介します。

・国民年金(満額)受給者の場合…1人あたり月額6万5,141円
・厚生年金のモデル世帯…月額22万724円

厚生年金のモデル世帯とは、平均月収43万9,000円で40年間就業した世帯です。受給額は、1人分の厚生年金と2人分の国民年金を加算したものになっています。

一方、厚生労働省の『平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況』をみると、実際に厚生年金保険(第1号)受給者がもらっている年金の平均月額がわかります。

・厚生年金保険(第1号)受給者…月額14万5,865円(平成30年度末現在)

フルタイムの共働き世帯なら厚生年金がダブルでもらえるので、老後の安心度は高めでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。