新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大が及ぼす経済的影響に対する警戒感から、株式市場は連日大きな値動きを見せています。今までは高くてなかなか手が出なかった銘柄を、状況によっては買ってみようかと考えている方もいるかもしれません。

株の取引を始めるには証券会社の口座を開かなくてはなりません。そして、これから株の取引を始めてみるという方には、ネット証券での口座開設を考えてみるのがおすすめです。ネット証券なら、手数料も安く、ネット上で手続きが済むので、忙しい人でも口座を開設するハードルが低いのです。

具体的にネット口座を開くメリットについて見ていきましょう。

ネット証券の口座は取引手数料が安い

ネット証券で口座を開く最大のメリットは手数料の安さです。たとえば、総合証券会社の野村證券の店舗口座で取引をする際には、国内株式は約定代金20万円以下で取引手数料2,860円がかかります。

一方、たとえばネット証券のSBI証券(スタンダードプラン)では、約定代金20万円までの取引では手数料税込115円です。手数料が1桁違うので、この効果は大きいのではないでしょうか。手数料が安いということは、それだけ利益を取りやすいということです。

また野村證券では、国内株式の取引手数料は、約定代金20万円以下の場合は一律2,860円になりますので、5万円の株を買ったとしても手数料は2,860円かかります。

SBI証券の場合は、手数料の区切りが細かく設定されているため、約定代金5万円までは税込55円、10万円まででは税込99円と、約定代金が小さければ小さいほど取引手数料も低くなります。(※2020年3月13日現在)

少額から取引を始めてみたいと思っている方には嬉しい料金設定ではないでしょうか。