クレジットカードとデビットカードどちらを使うべき? お得度や節約効果をチェック!

クレジットカードはキャッシュレス決済の代表的な存在ですが、最近では様々なキャッシュレス決済の方法があります。その中でもデビットカードは、感覚的にはクレジットカードと似ているものの、どちらを使うべきか迷っている人もいるかもしれませんね。

実際にはクレジットカードは後払いで、デビットカードは即時決済なのですが、利用できるシチュエーションは非常に似通っています。

そこで今回は、どちらのカードを利用するべきかを考えるときのヒントとなるように、クレジットカードとデビットカードそれぞれの特徴について説明していきたいと思います。

続きを読む

保有率には3.5倍の差がある

JCBが2018年に行った「クレジットカードに関する総合調査」によると、クレジットカードの保有率が84.0%なのに対して、デビットカードの保有率は23.5%と、保有率には約3.5倍もの差があります。

クレジットカードが言わば「老舗」なのに対して、デビットカードが「新興勢力」であることを考えると、保有率に差があること自体はそこまで驚くことではありません。

ただ、クレジットカードを利用している層の中には、好んでクレジットカードを選択しているというよりは、今まで使い続けてきたから何となく…という理由で、クレジットカードを利用している人も一定数いると考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

京都大学大学院情報学研究科を修了後、リクルート住まいカンパニーに3年間勤務。退社後は金融関係の情報を中心に発信するライター/コラムニストへと転身。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「マネ会 by Abema」「Credictionary(セゾンカード)」などに寄稿中。