日本初の「ゼロ・ゼロ投信」! 購入手数料0%、信託報酬0%の投信は買いか?

日本初のゼロ・ゼロ投信が設定

日本で初めて購入手数料が0%(なし)、信託報酬率も0%(なし)となる公募株式投資信託が3月16日に設定されます。

「野村スリーゼロ先進国株式投信」(以下、野村スリーゼロ)という野村アセットマネジメントが運用する世界株のインデックス・ファンド(ベンチマーク:MSCI-KOKUSAI 指数(円換算ベース・ 為替ヘッジなし)がそのファンドです。

ただし、信託報酬率が0%となるのは設定から10年間で、2031年1月1日以降の信託報酬率は0.11%(税抜0.10%)以内で設定し直すとされています。

続きを読む

このファンドはつみたてNISA専用で、野村證券のインターネットチャネルのみで販売されるようですが、投資信託の購入手数料がゼロ化され信託報酬率も引き下げ競争が加速する中、業界を牽引するファンドになるかもしれません(ちなみに、米国のゼロコスト投信は、信託期間全期間で購入手数料・信託報酬率とも0%です)。

進む投資信託の低コスト化

投資信託のコスト引き下げ競争はこれからもどんどん進んでいくでしょう。火をつけたのは米国です。

2018年8月に、フィデリティが購入手数料及び信託報酬がかからない「Fidelity ZERO Total Market Index Fund」(実質的なS&P500指数連動インデックスファンド)を設定し、従前から進行していた運用コストの引き下げを大きく進めたのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
太田 創
  • 太田 創
  • 一般社団法人日本つみたて投資協会
  • 代表理事

関西学院大学卒。1985年、三菱銀行入行。1988年より約10年間、ロンドンおよびサンパウロで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。
その後、2000年からシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。現在は一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。
主要な著書には、『ETF投資入門 』(日経BP 2008年)、『お金持ち入門』(実業之日本社 2015年 共著)、『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版 2019年)などがある。