大学生が一人暮らしを始めるにはいくら必要? 頭が痛い教育資金問題

もうすぐ新入学の季節。我が子が大学生として親元を離れ、一人暮らしを始めるという方もいると思います。「子どものやりたいことに挑戦させてあげたい!」と心から応援したい気持ちの反面、そのための出費はなかなか厳しいというのが本音かもしれません。

今回は、大学生に入って一人暮らしを始めるのにかかる費用や教育資金を貯めていく際のポイントなどについて紹介します。

大学生が一人暮らしを始めるときにかかるお金は?

全国大学生活協同組合連合会の「2019年度保護者に聞く新入生調査報告書」(2019年11月発表)によると、私立大学下宿生にかかる平均費用(私立の文科系、理工系、医歯薬系を合わせた平均)は、住まい探しの費用が22万1100円、生活用品購入費用が29万8900円。

続きを読む

また、上記の金額に「出願のためにかかった費用」や「受験のための費用」「学校納付金」「合格発表や手続きのための費用」などを合わせた「受験から入学までにかかった費用」は、私立大学下宿生で222万1800円に上ります。ちなみに、自宅通学の場合でも150万8200円かかります。

さらに、家賃や管理費などが毎月かかってきます。特に、家賃が高い都心近くに住むことになれば、月に十万円近い仕送りが必要となり、数年間は毎月の収支が数年間赤字になる可能性も出てきます。そうなれば、貯えを切り崩して支払に充てなくてはいけません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。