節約志向が強まる中、私だけ「お金が貯まらない」!?タイプ別にみる「貯蓄の第一歩」

貯金の計画が定まっていないタイプ

貯金の目的や計画が決まっていない状態だと、どうしても貯蓄のスイッチが入りにくくなりがちです。今後のライフプランから、どの時期にいくら必要になるのかを計算してみましょう。結婚、出産、教育費、住宅購入費などを計算すれば、「〇歳までにこれだけ貯めるぞ」とモチベーションが向上するでしょう。

自分にあった貯金方法を掴めていないタイプ

「毎月の貯金額に波がある」「収入はあるのに、給料日前になるとお金が残らない」という場合は、どう貯金すればいいのかを掴めていないと考えられます。毎月の貯金額を決めておく、先取り貯金をして使う前にお金を確保しておくなど、自分に適した手段で貯金を増やしていきましょう。いくつかの手段を並行して行なう、貯金のペースを少しずつアップさせるなど、様子をうかがいながら調節することも大切ですよ。

みんなはいくら貯めているの?

自分のタイプが分かったところで、「じゃあいくら目標に貯金すればいいの?」と疑問に思う人もいるでしょう。ここでは、家計の黒字額の平均値をみてみましょう。

総務省統計局の「家計調査報告(家計収支編) 平成30年(2018年)平均結果の概要」から、2人以上の勤労者世帯の1カ月あたりにおける黒字額を過去10年にわたって見てみましょう。(資料中 図1-2-7 黒字の内訳の推移「二人以上の世帯のうち勤労者世帯)」より数値を抜粋)

・2009年:約10万8,900円
・2010年:約11万1,700円
・2011年:約11万1,700円
・2012年:約11万1,100円
・2013年:約10万7,000円
・2014年:約10万4,800円
・2015年:約11万1,900円
・2016年:約11万9,100円
・2017年:約12万1,400円
・2018年:約13万9,800円

あまり実感がないかもしれませんが、実は世帯の黒字額は増加傾向にあります。2009年と2018年を比較すると、約3万円増えていることがわかりますね。では、過去10年の預貯金純増の推移を確認してみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。