モラハラ夫や父…その原因とは?「負の連鎖」に巻き込まれない対処法はある?!

パートナーに対し、相手の人格を否定したり嫌味をいつまでもネチネチといい続けたりするそれらの行為は、モラルハラスメントに当てはまるといわれています。中には「でも実際事実だから仕方ない」なんて受け止めてしまい、抜け出せないで苦しんでいる人も多数いるようです。

モラハラによる具体的な行動・態度とは?

法律情報サイトLEGAL MALLの「モラハラにあたる具体的な行動・態度(家庭編)」によると、家庭で問題となるモラハラ行為には、以下のようなものがあります。

続きを読む

• 妻(夫)をとことん貶める
• 暴力を振るわず、暴言を吐く
• 相手を認めない
• 平気で嘘をつく
• 自分の間違いを認めない
• 妻(夫)を異常に束縛する
• 子どもに妻(夫)の悪口を吹き込んで、洗脳する
• 細かい、欲が深い

モラハラが起こるシチュエーション

モラハラにはさまざまなパターンがあります。容姿をバカにすることからはじまり、性格・能力・学歴・仕事や家事、なんと家庭環境まで。こういった環境は、もしかしたら「負の連鎖」が起こしてしまっているかもしれません。それでは、一体どのようなことが関係しているのでしょうか。

ありとあらゆることに対しモラハラはおこなわれています。では、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。