絵は描かないはずの息子。カーテンにつけた『模様』の正体は!?【発達障害児の育児奮闘記】

【マンガ記事】まっきーの発達障害アルアル日記

copy URL

 

 

なおにゃむさんは、「言語発達遅延」という発達障害をもつ小学4年生のまっきーのお母さん。今回は、まっきーの療育仲間のA君のエピソードです。

まっきーが幼稚園年中だった時のこと。なおにゃむさんとまっきーはA君のおうちにはじめて遊びに行きました。子どもたちはそれぞれ自由に遊び、A君ママとなおにゃむさんは、女性同士おしゃべりに花を咲かせていました。すると、そこへA君がにこにこ笑いながら「ママ!模様ができたよ。」と嬉しそうに報告をしに来ました。

「模様…?」と不思議そうな顔をするA君ママ。それもそのはず。一般的に発達障害のある子は、ものの見え方(4話参照)や手先の不器用さ(13話参照)もあって、絵が不得意な子が多いといわれるそうなのですが、A君もまた普段から『絵を描いて遊ぶ』ということを全くしていなかったからです。「うちの子、絵なんか描かないのに、模様ってなにかしら?」とA君ママは首をかしげます。

するとA君は、「こっち、こっちー」とA君ママの手を引いて、別の部屋へと案内をしはじめました。A君ママが「一緒に行ってみましょう」と目で合図をしたので、なおにゃむさんとまっきーも2人の後に続きます。

「はい、これ!」とA君が指した先にあったのは、新調したばかりのパステルグリーンの遮光カーテン。その一部分にだけ、鮮やか(?)な赤の…ドット?「ママ見て!模様できたでしょ?」と、無邪気に笑うA君の手元には、インク内蔵型のハンコが‼‼‼‼‼…ということは、これハンコ???

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

女子美術大学洋画科卒業後、漫画のDTPなどの仕事を経て結婚後イラストレーターに。息子の赤ちゃん時代の育児から支援級のあれこれ、息子と電車でおでかけなど、親子の日常生活や、趣味のボルダリング、飲酒(ビアフェスなどに出没)などを描く。Twitter:naonyamu361