高齢者世帯の過半数が「生活苦しい」…「今からできるお金育て」そのコツとは

2019年は金融庁の「老後2000万円問題」が報道で大きく取り上げられました。この話題をきっかけにマネープランの見直しを始めた、という方もいるでしょう。

また、「公的年金だけで生活していけるのか」「リタイヤ後の資金対策をそろそろ考えなくては」と焦りを感じている人もいるのではないでしょうか。

生命保険文化センターの『生活保障に関する調査 平成28年度』によると、「公的年金で老後の生活費は大部分まかなえるか」という質問に対し、「まったくそう思わない」「あまりそう思わない」と回答した人の合計は79.9%に上ります

続きを読む

「定年退職なんて何十年も先の話だからピンと来ない」「今抱えている仕事や家庭のことで手一杯!」と思うのも無理はありませんが、老後が身近に感じられるようになってからでは打てる手が限られてしまいます。

「人生100年時代」はすぐそこに来ています。長い老後に備えるために、”今からできること”について考えてみましょう。

約8割の人が「将来に不安…」

はじめに、金融広報中央委員会の『2019年 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査][単身世帯調査]』をもとに、老後の生活に対して不安を感じている人がどのくらいいるのかをご紹介します。

二人以上世帯で、老後の生活をお金の面で「それほど心配していない」と回答した割合は、全体の18.3%でした。一方、「多少心配である」と「非常に心配である」のいずれかを選んだ世帯の割合は81.2%に上ります。

単身世帯はさらに深刻です。約半数が「非常に心配」 と回答していて、「多少心配である」と「非常に心配である」を合計した割合は85.6%を占めているのです。(表「老後の生活についての考え方」参照)

拡大する

老後の生活についての考え方(金融広報中央委員会の資料をもとに編集部作成)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。