「老後2000万円問題」で不安になる専業主婦…今から始めたいiDeCoやNISAのメリットとは

いわゆる「老後2000万円問題」をきっかけに、公的年金の実態に不安を感じた方も多いのではないでしょうか。特に専業主婦の場合には、退職金も1人分なので、不安はますばかりかもしれません。そこで今回の記事では、専業主婦だからこそ始めておきたい資産運用について見ていきたいと思います。

老後資金2000万円問題をおさらい

2019年に話題になった「老後2000万円問題」について、金融庁のデータを見ながらもう一度確認していきましょう。

続きを読む

・平均的な無職の高齢夫婦世帯で月5万円の赤字が見込まれる
・その場合、老後の20年間(20年×12カ月)で不足額は約1300万円
・30年間では、不足額は約2000万円にのぼる

このような数値が話題になりました。

共働き家庭であれば退職金が2人分ですが、専業主婦の場合はそうはいきません。そのため退職をするまでにある程度の資金を作っておく必要があるのです。その時の選択肢としてiDeCoなどの投資も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

iDeCoは所得税の優遇が魅力なので、専業主婦はiDeCoを利用してもメリットがないのでは?と言われることもあります。しかし運用益そのものが非課税となる点は、長期で見ると大きな利点となります。公的年金や老後資金の貯め方について、改めて考えてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。