【収入アップ】月1〜2万円から10万円超まで、人気の副業と失敗しないコツまとめ

政府が副業を後押ししていることもあり、最近は副業や兼業に関する話題が増えています。年明けにも、2020年度に政府が、東京圏に住んで地方で兼業や副業をする人に交通費を支援する制度を始めると報じられています。

副業には在宅でできるものもあれば、平日は大都市で働き土日は地方の企業で副業をするというパターンも出てきているようです。しかし、「そもそもどんな副業があるのか分からない」という方も少なくないでしょう。そこで、副業の種類やどれくらい稼げるのかという目安を紹介します。

続きを読む

「月1~2万円」くらいのライト副業

まず、比較的簡単に、月1〜2万円程度の収入を得られる「ライト副業」を紹介します。

フリマサイトで不用品販売

不要になった洋服や日用品などを「メルカリ」や「ヤフーオークション」などのフリマサイトを使って販売してみましょう。ブランド物の洋服や子供服、マタニティグッズ、デパートコスメ、本などは人気が高いようです。物が売れてお金を得られるだけではなく、断捨離することで部屋がスッキリするという効果もあります。

文字起こし、ライティング、記事作成

「クラウドワークス」「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトでは、文字起こしやライティング、記事作成などの仕事を幅広く募集しています。慣れるまで少し時間はかかりますが、タイピングや文章に自信のある方は要領を得れば効率よく稼ぐことができます。インターネット環境があれば、ほとんど費用はかからないので、参入障壁は低いといえるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。