専業主婦と兼業主婦の生涯年収差は2億円?あなたの出産後の選択は…

出産をきっかけに仕事を辞めるか、続けるべきか」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。経済的な面だけを考えれば、仕事を辞めないほうがお得かもしれませんが、人生で大切にしたいことは人によって異なります。

とはいえ、自分の選択が家族の将来に大きな影響を与えてしまうこともあります。とくに、無計画に仕事を辞めてしまうのはリスキーと言わざるを得ません。

専業主婦vs兼業主婦!生涯年収の差は2億円?

はじめに、厚生労働省が管轄する労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計2018 ―労働統計加工指標集―」をもとに、女性の生涯年収をご紹介します。

続きを読む

学校卒業後、フルタイムの正社員を60 歳まで続けた場合、大卒・大学院卒女性の生涯賃金(退職金を含めない)は、2016年時点で約2億2,000万円になります。一方、同じ条件でフルタイムの非正社員(正社員以外)を続けた場合の生涯年収は約1億2,000万円です。

仕事を辞めるタイミングによっても生涯年収は変わってきますが、就職してすぐに結婚・出産して専業主婦を60歳まで続けた場合、正社員女性と比べると2億円以上、非正社員と比べても1億円以上の差がつくことになります。

過半数の女性が出産後も仕事を続ける

つぎに、出産後も仕事を続ける女性が実際にどの程度いるのかについて見ていきましょう。

内閣府共同参画局の「『共同参画』2019年5月号」によると、出産前に仕事に就いていた女性のうち、2010~2014年の期間に第一子出産によって退職した人の割合は46.9%です。就職を継続する人の割合は増加傾向にあり、最新のデータでは53.1%と過半数を占めるまでになっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。