大学合格!したらかかるお金、入学後にかかるお金。「大学進学のために最低限備えるべきお金」とは?

とある高校2年生の保護者向け進路指導説明会でのこと。

進路指導の先生が「保護者のみなさまにお願いがございます」と切り出しました。

「昨年も進学希望の子がひとり、経済的な理由でギリギリになって就職希望に切り替えました。ご家族ともに辛い選択だったろうと思います。大学に進学するには、それなりのお金がかかります。どうか、お子様の進学を希望されるご家庭の方は、今のうちから意識して資金の準備をお願いいたします」

言い終えて、先生は深々と頭を下げていたそうです。
では実際問題、子どもに大学を受けさせるとなると、どのぐらいの備えが必要なのでしょうか?少し考えてみましょう。

続きを読む

大きくお金が動くタイミング

大学に入学するとなると、まとまってお金が出ていくタイミングが何回かあります。

◆受験時

・出願にかかるお金…「受験料」「願書」
・受験のための費用…「交通費」「宿泊費」「滞在費ほか」

◆合格時

・初年度納付金…「入学金」「前期分の授業料」「施設・設備費などの諸経費」
・入学準備…「入学式準備」「教科書・教材代」「新生活の準備(住居・生活用品)」

◆授業開始

・授業…「授業料(前期・後期)」
・生活…「家賃」「生活費」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。