DINKsはすごい貯蓄できる!と思いきや…できない理由と対策

DINKs(ディンクス、Double Income No Kids)とは、子どものいない共働き夫婦だけの家庭を指します。

DINKsであれば、二馬力で働くことができるうえ、教育費もかからない、だからたくさん貯蓄できるはず」と考えられがちです。ところが実際のDINKs家庭では、貯蓄がなかなかできない家庭もあるようです。

その主な理由には、どのようなものがあるのでしょうか。またそんなDINKsにおすすめの貯蓄方法をご紹介します。

続きを読む

DINKsがうまく貯蓄をすることができない理由

DINKsは共働きなのですが、共働きであるがゆえに貯蓄が難しいという状況が起こりがちです。

具体的には、独身のままの金銭感覚で生活をしてしまっているケースが考えられます。また、お互いの収入について触れることに抵抗があり、そのせいで家計の話をすることを避けてしまう傾向にもあるのかもしれません。

家計について話をしないため、相手が貯蓄してくれているだろうと楽観的に考えている人も多いはずです。このような状況では、ふたりとも「将来のために貯蓄をしなければいけない」という意識が薄くなってしまうのは当然のことだといえます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。