1000万円が35歳までに貯まった3人のやっている「お金の増やし方」

実際、Cさんは同僚だった筆者にもいろんなことを話してくれました。彼女が最近どうやって節約しているか、ダイエットも兼ねた自炊と節約レシピの話、飲み会を減らしている話、タンブラーにハーブティーを入れて持ち歩く話…。

そして安いワインでもサングリアにするとおいしくて高いお酒を買うよりもコスパがいいとか、社割がここで使えるとか、クーポンを使えば20%オフになるお店の話など、ありとあらゆる話をしてくれて、いつもお金に関することにアンテナを張っていることがわかりました。

また、Cさんがそうやって話してくれるからこそ、筆者など周囲の人間も感化され、彼女が話してくれることに協力しようという気にもなりました。そうした前向きな努力が実って、35歳で目標としていた1000万円を達成したそうです。

まとめ

今回話を聞いた3人は、お金に振り回されず、お金をコントロールすることで貯金のコツをつかむことができたようです。お金と上手に付き合っていくということは、お金本位でなく自分本位であるということが大事なのかもしれませんね。

大塚 ちえ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。