我が子の金銭感覚は大丈夫?お年玉を渡す前に考えておきたいこと

・「小学2年生の娘と買い物をしていたとき、スマホ決済の様子を見た娘が『スマホからお金が出てくるなんてすごいね』と言いました。その後、『おもちゃは買わないよ』と言ったら『じゃあスマホからお金を出して』と言われたことも。スマホでお金を生み出せると勘違いしているようで、ゾっとしてしまいました」

・「ある日、頻繁に文房具をなくす息子が『それぐらい、また買えばいいじゃん』と呟いてびっくり。思い返してみれば、消しゴムやノートは軽い気持ちで買い与えていました。親の仕草をよく見ているんだな…と反省し、今ではものを大切にするよう伝えています」

・「子どもが簡単に『今の習いごとをやめたい』『今度はバレエとピアノをやってみたい』と言うので、その理由を聞いてみることに。すると『アニメで観たから』『友達に会いたいから』という動機でした。習いごとに伴う金銭面は、深く考えていないようです」

普段からできる家庭での取り組み

このような子どもの金銭感覚に対する違和感を覚えたら、親子でお金に関する話し合いをしておきましょう。それに加え、日ごろからお金の大切さや価値を伝えることも大切です。では、その具体例をご紹介しましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。