我が子の金銭感覚は大丈夫?お年玉を渡す前に考えておきたいこと

・「わが家では、月に1回家族全員で家計の状況を共有しています。『今月は車の税金を払うよ』『家のローンはあと何年残っているよ』と伝えることで、どのような出費が発生しているのかを学ぶいい機会になっているようです」

・「家族旅行用の貯金の状況は、いつも子どもに伝えています。『夏休みまでに毎月3万円ずつ貯める』『目標まであといくら』と教えているうちに、貯金の大切さを分かってくれるように。そのおかげか、お年玉は自主的に貯金していましたよ」

・「子どもが中学生になった頃、これからの学費にいくらかかるのかを説明しました。私立と公立との違い、学部ごとに異なる授業料、塾や習いごとにかかる費用などを伝えると、『こんなにお金がかかるのか』と驚いている様子でした。進路や塾選びも、以前より真剣に取り組むようになった気がします」

まずは親がお金に関心を持つこと

こう見ると、親がお金に関心をもっていると、子どもも自然と興味をもってくれるようです。お金の教育をするなら、まずは親自身がお金の知識を身につけたいところですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。