60歳代の貯蓄額はどのくらい?ゆとりある老後への2つの方法

60歳代の金融資産保有額は

  •  平均値2203万円
  •  中央値1200万円

となっています。

2000万円以上の貯蓄をしている世帯は32.1%と4分の1を超えているものの、400万円未満の世帯が19.1%もいます。

もっとも、60歳代のうち、23.7%が「金融資産を保有していない」ということも今回の調査からわかります。

高齢夫婦の貯蓄状況の格差は拡大している

先の金融庁の調査では、1994年、2009年、2014年の時系列でみると、高齢者夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)の金融資産額が少ない世帯(~450万円)の割合が上昇していることがわかります。

一方で、450万円以上900万円未満、900万円以上1200万円未満、1200万円以上1500万円未満、1500万円以上2000万円未満の比率が減少しています。

また、2000万円以上3000万円未満が横ばい、そして3000万円以上が上昇するという、貯蓄の格差が広がっているという状況です。

若い世代の金融資産も低下傾向に

貯蓄額が少ない高齢世帯が増えていますが、現役世代(20~50代)の収入も減少傾向が続いています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。