30代のお金の悩み…既婚は未婚の倍の貯蓄額。でも負債額は…?

金融広報中央委員会(知るぽると)の「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)平成30年調査結果」(各種分類別データ)によると、30代の単身世帯(金融資産を保有していない世帯を含む)の金融資産保有額は317万円です。ただし中央値は40万円ですから、単身世帯の半数以上は金融資産保有額が40万円以下ということになります。

※ここでいう「金融資産」とは、家計が保有する金融商品のうち、貴金属や現金、事業のために保有している金融商品、預貯金のうち日常的な出し入れや引落しなど生活費に対応する部分を除いた「運用のため、または将来に備えて保有している部分」となっています。
また、「金融資産を保有していない世帯」とは、預貯金や株式などの金融商品を保有していない世帯と、預貯金のみは保有しているがそのうち「運用または将来の備え」がゼロの世帯を指します。

それでは、2人以上の世帯ではどうでしょうか?総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)」によると、30代二人以上の世帯の平均貯蓄額は631万円となっています。

数字だけ見ると単身世帯と比較して余裕があるように感じますが、必ずしもそうとは言えません。実は、30代二人以上の世帯の負債額は1,329万円で、最も負債額が大きい年代でもあるのです。子育て中の世帯も多くなり、住宅の購入などでローンを組むこともあるでしょう。結婚して2人以上の収入があれば楽ということにはならないのです。

30代女性が抱えるお金への心配事

単身でも既婚者でもお金に関する不安は尽きません。特に女性は、結婚や出産など、仕事以外にも心配することがたくさんあるでしょう。ここである2人の体験談を紹介します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。