大塚家具はヤマダ家具になってしまうのか? 大赤字を有価証券売却でしのいできたが…

2015年のお家騒動から4年、大塚家具は年間▲40億円を超える営業赤字が続いた結果、ヤマダ電機の傘下入りを発表しました。

大塚家具はこの間、有価証券の売却などでしのいだ状態です。しかし遂に売れる有価証券にも底が見え、ヤマダ電機から再建資金約66億円を受け取ることになりました。この資金支援で大塚家具は再建を果たすことができるのでしょうか?

大塚家具がヤマダ電機の傘下に

2015年にお家騒動が勃発した大塚家具(8186)が、12月12日にヤマダ電機(9831)の傘下入りを発表しました。ヤマダ電機は増資と新株予約権の行使で約66億円の出資を行い、大塚家具を子会社化する計画です。

続きを読む

ヤマダ電機は本業の家電量販店のみならず住宅販売なども手掛け、”家中丸ごとヤマダ電機”戦略を取っています。大塚家具の買収はその企業戦略に沿ったもので、今後の成否が注目されます。

3期続けて大幅な赤字を計上、今期も赤字が続く大塚家具

大塚家具の直近の決算は下記のように推移しています。

2018年12月期 売上高374億円、営業利益▲52億円、当期純利益▲32億円
2017年12月期 売上高411億円、営業利益▲51億円、当期純利益▲73億円
2016年12月期 売上高463億円、営業利益▲46億円、当期純利益▲46億円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て独立。株式市場や為替市場分析を得意とするが、為替市場の相対的な値動きに魅了され、現在は主にFXトレードを手掛けている。投資会社での勤務時に培った分析力とレポーティング力を活かし、ライター業にも携わり複数媒体にも寄稿中。金融や企業分析を始めビジネス系のライティングを得意とするが、登山や食べ歩きが趣味でグルメ記事等の柔らか系の記事も執筆している。