もうポイントを無駄にしない! 新たなポイント活用のカタチ

ポイント「運用」と「投資」の違いとは?

「ポイント運用」と「ポイント投資」

そこで注目されているのが、「ポイント運用」及び「ポイント投資」です。名称が似ているため混同されがちですが、それぞれ異なるサービスですので、違いを理解しておきましょう。

「ポイント運用」とは、クレジットカードや携帯電話、飛行機の利用などで付与されたポイントやマイルを、ポイントのまま運用するものです。運用できる商品はそれぞれのサービスによって異なりますが、投資信託や株式、ETFなど、リスク許容度に応じてコースや銘柄を決めることができます。

運用商品の値動きによってポイント数が増減するので、ポイントを増やすことができる一方、減るリスクもあります。運用の途中でポイントを追加したり、運用をやめてポイントを引き出すこともでき、引き出したポイントについては、通常どおり利用することもできます。

一方、「ポイント投資」とは、証券会社が提供しているサービスで、一般の投資と同様、証券口座を開設する必要があります。ポイントを現金に替え、通常と同じように投資信託等の運用商品を購入できるので、初めて運用をしてみようという人にとっては、とっつきやすいと言えるでしょう。

元手はポイントとはいえ、リアルなお金の値動きがあるので、「ポイント運用」で資産運用の疑似体験をし、慣れてきたら「ポイント投資」を活用するなど、段階を踏むと本格的な資産運用にもチャレンジしやすくなるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
渡邊 裕介

株式会社N&Bファイナンシャル・コンサルティング 執行役員2003年慶應義塾大学環境情報学部卒。大学卒業後、飲食の店舗マネージメントに携わる。社会人生活や、店舗経営にはおカネの知識が必須であり、自身のおカネの知識のなさを痛感したことをきっかけにファイナンシャルプランナーに転身。国内大手生命保険会社のFP部門にて、個人の貯蓄計画や住宅購入・ローン借り換え相談、教育費準備などを中心に、企業の従業員向けのFPセミナーなども行う。2010年より、チームマネージメントや採用、新人教育などに携わり、育成にかかわったFPは200名を超える。2018年独立し、ファイナンシャルプランナーとして、個人や中小企業のマネーコンサルティングを行う。敬遠しがちなお金の話を、お客さま目線で分かりやすく伝えることをモットーに、ひとりでも多くの方の人生をモチベートできるように日々活動しています。